スタイル サッカー テレビ キーパー イメージ チャンス ディフェンダー シュート ワールドカップ" />
So-net無料ブログ作成

キリンチャレンジカップ2013 ウルグアイ 結果 [キリンチャレンジカップ2013]

スポンサーリンク




キリンチャレンジカップ2013 ウルグアイ 結果


速報。キリンチャレンジカップ2013 日本VS ウルグアイが行われた。
結果はご存知のように4-2惜敗ではなく完敗だろう。
2点良く取ったというよりか、歯が立たない。を決定づける試合だった。





ウルグアイはFWふたりで、簡単に日本のディフェンダーと
キーパーを簡単に崩す。方や日本は、細かなパスを何度もつなげて
ゴール前まで行くが、シュートすることすら出来ない。




目だったのは、本田圭佑の3年ぶりのFKだけ。




印象的な言葉が、ザッケロー二の言った
「彼らは、多くのチャンスを必要としない」という言葉だった。
まさに、その通りの試合となってしまった。





2-2だったら、世界とも戦える!そんなイメージが沸いて
次に繋がるモチベーションが上がったのではないか。





しかし昨夜の試合は、コンフェデで3敗と惨敗し
反省点を修正して、試合に臨んだはず。
結果は、ワールドカップ10ヶ月前にして振り出しに戻った感じだ。





コンフェデから引き続き、試合に絶望感を与えているのが
ディフェンダー陣の崩壊だ。あんなに点を取られたのでは
得点力不足の日本は、勝てるわけがない。





試合中も、追加点を入れられるたびテレビでアップにされる
日本選手の顔。
「なんだよ!行ける(勝てる)のに!」そう言っているように見えた。





前線は、海外から見ればまだまだ、”個”ではとてもかなわない。
でも、それなりに形は作れるし、2点ぐらいなら何とかできると思う。
選手自身もそう思っているに違いない。





そこでディフェンダー陣の総入れ替えしかないと考える。
今の日本のどこを修正すればいいのか?
だれもが守備陣を・・・ と答えるだろう。





南アフリカワールドカップの時、日本は良く守った。
そして、「世界で戦える日本の1つの形」を確立したはずだった。
監督が変わり、攻撃的サッカーにスタイルを変えた。





しかし、結果は良くない。今のままで南アフリカワールドカップの
ベスト16に行けるかと言えば、とてもとても無理だろう。
だったら、サッカースタイルを変えるしかない。


ザックに与えられた指名も、選手もファンも前回以上のせ成績
を懇願しているからだ。ならば、守りのサッカーに戻すべきではないか。




個で突破できる能力がないのだから、そうするしかない。






キリンチャレンジカップ2013 ウルグアイ 結果















キリンチャレンジカップ2013 ウルグアイ 結果


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
食べ合わせダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。